【日本ハム】台湾の三冠王・王柏融の交渉権獲得…地元メディアが報じる

2018年11月20日12時0分  スポーツ報知
  • 日本ハム入団が濃厚となった王柏融

 今オフでの海外移籍を容認されている台湾の“大王”こと王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)=ラミゴ=について、台湾メディアは20日、日本ハムが交渉権を獲得したと報じた。

 ラミゴがこの日発表したもので、現地関係者によると、日本ハムは今後、30日間の交渉期間に入るという。

 王は、昨年まで2年連続で打率4割以上をマーク。昨季は打率4割7厘、31本塁打、101打点で三冠王と2年連続のMVPを獲得。昨年2月に行われたWBC日本代表の壮行試合(ヤフオクD)では、楽天・則本からバックスクリーンへの逆転弾を放った。

 王に関しては楽天などが関心を示しており、争奪戦が繰り広げられることが予想されていた。

 ◆王 柏融(わん・ぼーろん=Po―Jung Wang)1993年9月9日、台湾生まれ。25歳。中国文化大から2015年のドラフト1巡目でラミゴ入団。同年のプレミア12にも出場。17年には打撃3冠王に輝き2年連続MVPを獲得。ニックネームは「大王」。181センチ、90キロ。右投左打。年俸2400万円。

プロ野球
注目トピック