【オリックス】17年4位の本田は右肘手術で育成再契約 年俸は現状維持の500万円

2018年11月20日16時1分  スポーツ報知
  • 支配下登録を外れ、育成契約となったオリックス・本田

 オリックスから自由契約となった本田仁海投手(19)が20日、大阪・舞洲の青濤館で育成契約を結んだ。年俸は現状維持の500万円(推定)。背番号は「46」から「124」となった。9月21日に右肘疲労骨折部の固定術を受け、来季はリハビリに専念するため育成での再契約となった。

 本田は17年ドラフト4位で星槎国際湘南高から入団。1年目の今季はウエスタン公式戦で5試合に登板し、0勝2敗 防御率4・60だった。9月には右肘を疲労骨折し固定手術を受け、10月に自由契約となった。「けがをしたことについては悔しい。(育成で)再契約というかたちは、治療に専念してほしいという(球団の配慮)のはうれしい」。年明けにはスローイングを再開させる予定で「支配下登録というのが1番の目標です」と、再び背番号2ケタを追い求める決意だ。

プロ野球
注目トピック