【阪神】11本塁打の大山は500万円アップでサイン

2018年12月4日13時1分  スポーツ報知
  • 500万円増の3000万円で契約更改した阪神・大山

 阪神・大山悠輔内野手(23)が4日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2500万円から500万円アップの3000万円でサインした。球団からは来季に向けて「中心となれるように、という言葉をいただいた」と3年目のさらなる飛躍を期待された。

 今季は117試合に出場。打率2割7分4厘、11本塁打、48打点。3月30日の巨人戦(東京D)では「6番・三塁」で初の開幕スタメンをつかみ、菅野から本塁打も放った。絶好のスタートを切ったかに見えたがその後ブレーキ。「トータル的な数字を見れば去年より上がってるんですけど。3月から7月というのは全く戦力になっていないというか、迷惑ばかりかけてたと思う。来年は1年間通して(好不調の)波を少なくしたい」と意気込んだ。

プロ野球
注目トピック