【阪神】北條、600万増の2600万でサイン、来季は「全試合出る」

2018年12月4日14時15分  スポーツ報知
  • 2600万円でサインした阪神・北條

 阪神の北條史也内野手(24)が4日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2000万円から600万円増の2600万円でサインした。「チームの中心になれるような選手になりたい」と意気込んだ。

 今季は62試合の出場で打率3割2分2厘、1本塁打、20打点。6月に初スタメンで出場すると、打撃好調で遊撃の定位置をつかんだ。しかし、9月14日のヤクルト戦(甲子園)の遊撃の守備で三遊間のゴロをダイビングキャッチを試みた際に負傷交代。左肩亜脱臼と診断され、以降の試合は欠場した。

 現在ではノックを受けるまでに回復。7年目の来季へ向けて「けがをしてしまって悔しいシーズン。(来季の目標は)全試合出ること。全試合出るということはいい成績で、周りからもチームの中心だと思われる」と宣言した。

プロ野球
注目トピック