【ヤクルト】ドラ2中山翔太「日本一になれるように頑張ります」…入団選手発表会

2018年12月8日6時0分  スポーツ報知
  • 新入団発表会でポーズをとる(1列目左から)清水昇、小川淳司監督、中山翔太(2列目左から)市川悠太、浜田太貴(3列目左から)坂本光士郎、鈴木裕太、久保拓真(4列目左から)吉田大成、内山太嗣、松本友

 ヤクルトのドラフト2位・中山翔太外野手(22)=法大=が7日、神宮での場外アーチを究極の目標に掲げた。この日、都内のヤクルトホールで新入団選手発表会に出席。「打ちたいです」と声を弾ませ、500人のファンに丸太のような右腕の筋肉をお披露目した。

 丸刈りに背番号「8」のユニホーム。大学通算11発の「きんに君」は、憧れの選手に「スタントン選手です。すごく大きなホームランを打つので」とメジャー通算305本塁打を誇るヤンキース主砲の名を即答した。3年秋の慶大戦では特大弾を披露。「(左翼)ポールの上のあたりの一番上の席まで飛びました」。視線はさらに遠くへ向いている。

 ベンチプレス140キロ、スクワット250キロが自慢。「日本一になれるように頑張ります」と160メートル級の夢を口にした。

プロ野球
注目トピック