【ヤクルト】バレンティンとハフが契約合意 来季の外国人は投手4&野手1

2018年12月10日17時20分  スポーツ報知
  • ヤクルト・ハフ

 ヤクルトは10日、ウラディミール・バレンティン外野手(34)、デーブ・ハフ投手(34)と1年契約に合意したと発表した。近日中に正式契約する。ハフは今季の年俸1億4700万円からダウンとなる。

 ハフは今季35試合に登板し、3勝6敗、7ホールド、防御率4・87をマーク。保留選手名簿をいったん外れていたが、奥村国際グループ担当部長は「ハフは全ての役割の経験があって、終盤の1イニングでらしさが出て、片りんを見せた」と説明した。

 来季が2年契約の2年目となるブキャナンは残留し、先発候補でメジャー通算3勝を挙げている前Dバックス3Aのアルバート・スアレス投手(29)とも交渉中。今後はさらに年内に中継ぎ投手の獲得を目指し、来季の外国人は投手4人、野手1人となる予定だ。マット・カラシティー投手(27)は退団する。

プロ野球
注目トピック