【阪神】福留、現状維持の1億5000万円でサイン「最下位という現実を受け止めて」

2018年12月11日14時45分  スポーツ報知
  • 現状維持でサインし、会見した阪神・福留

 阪神の福留孝介外野手(41)が11日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億5000万円(金額は推定)でサインした。

 阪神に移籍して6年目の今季は123試合に出場し、打率2割8分、14本塁打。チームトップの72打点を挙げ主軸の役割を果たした。しかしチームは17年ぶりの最下位。今季の主将として「チームとして最下位という現実をしっかり自分たちで受け止めて、オフの間にどうやって来年持っていくかはおのおので考えている」と巻き返しを誓った。

 2年間務めた主将を糸原に譲り「キャプテンらしいことをやったわけではないが、難しい部分はたくさんある。糸原が普通に今まで通り、変わりなくやれる状況を手助けしてやりたい」とサポートを約束した。オフの調整は「この年になって急にはなかなかできないので、徐々にという感じ」と42歳になる来季を見据えた。

プロ野球
注目トピック