【西武】辻監督、FA人的補償は「即戦力投手」巨人、楽天からプロテクト名簿届く

2018年12月14日6時0分  スポーツ報知
  • 西武の辻監督

 西武の辻監督がFA移籍した炭谷、浅村の人的補償で投手を選ぶ可能性を示した。

 両者が移籍した巨人、楽天のプロテクト28選手を除いた名簿が届き「両方見た。金銭か人的補償か? まだ決めていない」としながら、「即戦力投手が欲しい」。巨人に求める補償では、丸のFA旧球団の広島と選手が重複した場合、同一リーグ球団が優先されるため「駆け引きだから慎重に」。FA契約締結から40日以内の期限で、巨人に対し、西武は広島の来年1月19日より早く同4日まで精査する。

プロ野球
注目トピック