【広島】楽天から移籍の菊池保が入団会見「どんな仕事でもいく」

2018年12月14日12時9分  スポーツ報知
  • 新天地で背番号59のユニホームに袖を通した広島・菊池保

 楽天から広島にトレード移籍した菊池保則投手(29)が14日、マツダスタジアムで入団会見を行った。広島のチームカラーである赤いネクタイを身に着け、楽天時代と同じ背番号59のユニホームに袖を通すと「チャンスだと思っている。チームの勝利に貢献できるよう頑張っていきたい」と意気込んだ。

 菊池保は、2007年の高校生ドラフト4巡目で楽天に入団。10年9月23日の西武戦で、プロ初登板初先発初勝利をマークしたが、今季は3試合の登板に終わった。「投げろ、と言われたところで。どんな仕事でもいく、という気持ちです」と新天地で巻き返しに燃える右腕にとって、新たにチームメートとなる菊池涼は同級生にあたる。「(菊池涼は)日本を代表する野手。負けないように、覚えてもらえるようにしたい」と言葉に力を込めた。

プロ野球
注目トピック