【広島】大瀬良大地、チームの投手最高額1億4500万円

2018年12月15日6時0分  スポーツ報知
  • 更改を終え、刀を手にポーズをとる大瀬良

 広島の大瀬良大地投手(27)が14日、マツダスタジアム内で、約2・3倍となる8200万円増の年俸1億4500万円で契約更改した。最多勝と最高勝率の2冠に輝き、現時点でチームの投手最高額となった右腕は、真のエース襲名へ、全試合ハイ・クオリティー・スタート(HQS)と200イニング登板に意欲を燃やした。

 HQSは先発が7回以上を投げて自責点2以下に抑えることで、大瀬良は今季27試合で12度記録。6回以上、自責点3以下のQSを両リーグ最多の21度もマークしたが「もっとハードルを高くしていきたい」とHQSを自身に課した。

 同時に目標に掲げるのは、自身初の200イニング登板。今季到達したのは巨人・菅野だけで、182回だった大瀬良は「高い壁だからこそ挑戦したい」と大台を見据えた。(種村 亮)

プロ野球
注目トピック