【楽天】嶋が現状維持1億円でサイン オフは隠密トレ?「こそっとやります」

2018年12月15日14時36分  スポーツ報知

 楽天・嶋基宏捕手(34)が15日、仙台市内で契約更改を行い、現状維持の1億円でサインした。

 今季は終盤に若手を起用するチーム方針もあってベンチスタートも増えたが、113試合に出場。正捕手、主将としてチームの中心となり、0本塁打21打点、打率2割6厘の成績を残し、盗塁阻止率も3割1分2厘だった。「チームとしても個人としても、非常に苦しいシーズンでした。納得できるものはなかった」と振り返った。

 来季はプロ13年目。岡島が捕手に再転向し、ドラフト2位で太田(大商大)が加入するなど、「ポスト嶋」の争いは激化している。オフの自主トレは「こそっとやります」と“隠密トレ”(?)を予告。「来年で僕も35歳になりますし、同じ成績だったら若い選手を使うという年齢だと思う。チームとしても個人としても、『レギュラーだな』と納得させるような数字を残さないといけない。チームが勝つために何が出来るかというのをしっかり考えて、そのためのオフシーズンとキャンプを過ごしていきたい」と意気込んでいた。

プロ野球
注目トピック