【広島】松山、4月に故郷・鹿児島で丸と対決も「コメントしづらい」

2019年1月11日16時26分  スポーツ報知
  • ティー打撃を行う松山

 広島の松山竜平外野手(33)が11日、母校の鹿児島・鹿屋中央高で自主トレを公開。新しい背番号「55」がプリントされたハーフパンツ姿でフリー打撃に臨み、快音を響かせた。

 昨季は初めて規定打席をクリア。打率3割2厘、74打点、12本塁打でリーグ3連覇に大きく貢献した。「チームとして4連覇と日本一を勝ち取ること。個人としては100打点を目標に頑張りたい。あと何年やれるか分からないので、143試合全部スタメンで出られるようにしたい」と、今季はフル出場と3ケタ打点を公約した。

 4月16日には故郷・鹿児島で巨人戦が行われる。鹿児島でのプレーは「プロに入って初めて。みんな『絶対行くからな』と言ってくれている」と地元の声援を力に変えるつもり。「巨人戦? それはコメントしづらい。でも丸とずっと一緒にやってきた。僕はずっと応援しています」と苦笑いを浮かべながら、昨季までの戦友にエールを送っていた。

プロ野球
注目トピック