【日本ハム】北浦、誕生日同じ吉田輝星に「負けない気でいます」

2019年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • ランニングをする日本ハム・北浦

 輝星だけじゃない! 12日に19歳の誕生日を迎えた日本ハムの北浦竜次投手(19)が、2年目の意地を見せつける。

 この日鎌ケ谷の2軍施設で自主トレ。昨夏甲子園を沸かせたドラフト1位右腕・吉田輝星(18)も同じ1月12日が誕生日。「右左関係なく、1年多くやっているので負けない気でいます」。鳴り物入りで入団した黄金ルーキーに、1年先輩として対抗心を燃やした。

 吉田輝とは不思議な縁を感じる。「ドラフトで選ばれて名前が出たときにあれって思った」。ドラフト会議当日の10月25日は宮崎でフェニックスリーグに参戦中。甲子園を沸かせた時の人が同じチームに加わることを聞き、「誕生日、一緒じゃん」。初めて気がついた事実に驚いた。だが年齢関係なく実力で評価されるのがプロの世界。「隙を見せると抜かれてしまう。しっかりやっていきたい」と北浦。先輩の威厳を、マウンドで示す。

 負けられない理由がある。年始に栃木の実家に帰省した際、入院中だった母方の祖母が死去。学生時代は両親が仕事で家を空けている間、食事を用意してくれた優しい祖母だった。プロ入りが決まり実家に帰った時も「頑張るんだよ」と励ましてくれた、北浦にとって大切な存在だった。昨年10月4日の楽天戦(楽天生命)でプロ初登板。三者凡退に抑え初ホールドを記録した。「試合は見てくれていた」。応援してくれた祖母へ、1軍のマウンドに立つ雄姿を届けられた。

 祖母のため、自分のため、今季にかける思いは誰よりも強い。「頑張らないといけないですね。今年こそ1軍に定着して良い結果を残したい」。後輩に負けない活躍を見せ、天国の祖母に、プロ初勝利を届ける。(秦 雄太郎)

 ◆北浦 竜次(きたうら・りゅうじ)2000年1月12日、栃木・那須塩原市出身。19歳。中学時代は大田原ボーイズで投手と外野手を兼任も白鴎大足利高進学後は投手に専念。3年夏は県8強。17年ドラフト5位で日本ハム入団。18年10月24日楽天戦(楽天生命)でプロ初登板初ホールド。ストレートは最速152キロ。184センチ、85キロ。左投左打。年俸560万円(金額は推定)。

プロ野球
注目トピック