【阪神】西勇輝、チームメートに“菅野の教え”伝授…4年連続合同自主トレでノウハウあり

2019年1月21日6時0分  スポーツ報知
  • 西が自主トレを公開し、藤浪(右)と並んでキャッチボールする

 阪神の西勇輝投手(28)が20日、「菅野の教え」を虎に還元することを誓った。米ハワイで巨人・菅野智之投手(29)らとの合同自主トレを終え、甲子園室内練習場で自主トレを公開。「菅野さんからいろいろ聞いて、(他の選手に)答えることもあるだろうなと」。沢村賞右腕との練習でつかんだノウハウなどを新たなチームメートに伝える考えを明かした。

 FAで加入した右腕が早くも存在感を見せた。4歳下の藤浪、8歳下の才木と声を掛けながらキャッチボールなどで汗を流した。「ハワイで得たことも、今までオリックスで得たことも、なるべく後輩には伝えて交流して、聞かれたら何でも答えるスタイルでいきたい」と出し惜しみはしない。

 一番の手本は宿敵でもある巨人のエース・菅野だ。15年11月のプレミア12で侍ジャパンのチームメートになったのがきっかけ。同年オフからの合同自主トレは4年連続となった。これまでは菅野の練習メニューが中心だったが、今回は自身で考え、瞬発系トレーニングに力を入れた。西は菅野について「(刺激になるのは)野球の取り組み方。やっぱり自分が思っていることと違った角度で教えてくれるので、気になったりしたことは全部聞いて勉強してます」。この貴重な経験を後輩、チームに還元する。

 藤浪は「(今後、いろいろ)聞いてみたいと思っています」と吸収に意欲的。矢野監督も「聞いて学べる。見て盗んでもいい。そういうのはどんどん前向きにやっていけばいい」と推奨した。移籍1年目のシーズンに向け「1イニングでも長くマウンドに立ち続けていきたい」と気合だった。(原島 海)

 ◆初対決楽しみ 西が巨人・菅野との初対決に闘志を燃やした。オリックス時代は菅野と公式戦、オープン戦での投げ合いはなかったが、同一リーグでは機会は増えそうだ。「(菅野からは)『投げ合えたらいいね』と言われました。あとは察してください(笑い)」とニヤリ。矢野監督も「菅野のこと、逆に教えてよ(笑い)。どうやったら打ち崩せるか」と期待を寄せた。

プロ野球
注目トピック