【阪神】マルテが掛布氏が見守る中で初打席アーチ

2019年2月11日13時41分  スポーツ報知
  • 阪神の紅白戦で1回2死三塁、左越え2ランを放ったマルテ

 阪神の新外国人のジェフリー・マルテ内野手(27)=エンゼルス=が11日、沖縄・宜野座キャンプの紅白戦に紅組の「5番・一塁」で実戦初出場。1回2死三塁の第1打席、小野の1ストライク3ボールからの外角ストレートを右翼席に運んだ。掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)がネット裏でスカイA(CS放送)の解説を務める中、背番号31の後継者がド派手なデビューを飾った。

 虎の新4番候補が来日初打席で力を見せつけた。前日には「ワクワクしている。ストライクゾーンに来た球をしっかり振ることを心掛けてやりたい」と意気込みを語っていたが、1打席目から結果を残した。メジャー通算30本塁打の助っ人は、スタンドを埋め尽くした虎ファンの大歓声の中、貫禄たっぷりにダイヤモンドを一周した。

プロ野球
注目トピック