【阪神】矢野監督、初の対外試合快勝に「勝ってよかった」

2019年2月14日19時55分  スポーツ報知
  • 試合前に握手を交わす阪神・矢野監督(左)と楽天・平石監督

 ◇練習試合 阪神5―2楽天(14日・宜野座)

 阪神は14日、楽天と矢野政権初の対外試合となる練習試合を行い、5―2で快勝した。先発の望月が3回を無失点に抑えると、3回に北條の適時打と大山の犠飛で2点を先制。7回にはドラフト1位・近本の適時三塁打、負けじとドラフト3位・木浪も適時打を放つなど3点を加えた。

 過去2試合の紅白戦と同様にノーサインで臨み、矢野燿大監督(50)は「選手がいい形でやってくれないと、勝ちというのはないのでね。そういう意味では勝ってよかったなと思います」と振り返った。

プロ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ