【中日】右肩を痛めている松坂が17日に名古屋へ戻ることを発表

2019年2月16日22時39分  スポーツ報知
  • 中日・松坂

 中日は16日、ファンとの接触で右肩を痛めた松坂大輔投手(38)が17日から名古屋へ戻り、チームドクターと再検査を行うことが発表された。

 13日に極秘で沖縄を離れてから14、15日の2日間、首都圏にあるかかりつけの病院で検査と治療を行い、16日夕方に沖縄へ戻ってきた。チーム宿舎で報告を兼ねた球団幹部との話し合いがもたれ、17日にも沖縄を離れて名古屋へ戻り19日にも再検査が行われ、名古屋でリハビリを開始することになった。西山球団代表は「明日(17日)、名古屋に戻ります。チームドクターに診てもらう。沖縄に再び戻って来ることはない」と説明した。

◇今キャンプの松坂

 ▼2月1日 今季から復活した背番号18を披露。「ワクワクする。覚悟、責任を感じる」

 ▼同2日 キャッチボールを終えると、日米通算201勝を誇る野茂と対面し談笑。陸上トラックでも精力的に走った。

 ▼同3日 報道陣シャットアウトで室内練習場で70分間、ティー打撃とマシン打撃。「下半身と体幹のトレーニングも含めてやった」

 ▼同4日 キャッチボール、ランニングなど軽めのメニューで終了。渡米するため都内に移動。

 ▼同5日 米国に出発し、永住権の更新手続きを1泊3日の強行日程で済ませる。

 ▼同8日 昼過ぎに北谷球場入りし、ランニング、キャッチボール。投手小屋付近でサインも。「(時差?)大丈夫です」

 ▼同9日 全体練習に合流。室内で打撃練習を行った後は約30分のサイン会。

 ▼同10日 サブグラウンドでキャッチボール。ランニングも精力的にこなした。

 ▼同11日 球団が右肩違和感のためノースロー調整となることを発表。ファンとの接触で痛めたことも明かされた。

 ▼同12日 沖縄県内の病院で「右肩の炎症」と診断。開幕ローテ入りは絶望的に。

 ▼同13日 キャンプ地の沖縄を極秘で離れ帰京。

 ▼同14、15日 首都圏の病院で検査と治療を行うと球団が発表。

プロ野球
注目トピック