【西武】今井が6回0封、先発ローテに光明 4安打無四球「先発の仕事はできた」 

2019年3月15日6時0分  スポーツ報知
  • 6回無失点と好投した西武先発の今井(カメラ・義村 治子)

 ◆オープン戦 中日0―3西武(14日・ナゴヤドーム)

 先発のコマ不足を抱える投手陣に光を差す好投だ。今井が6回4安打無失点。課題の制球も無四球と成長の跡を残し、予定していた100球に満たない84球で封じた。完璧な内容に「先発としての仕事はできたかな」と振り返った。

 中日のドラ1・根尾が初めて先発出場した。1打席目で外角低めの直球を左前打されたが、2打席目は148キロの直球で見逃し三振。3打席目は投ゴロに仕留め「三振を取った最後の真っすぐは、厳しいボールだったと思う」。栃木・作新学院高で自らが頂点に立った2年後、同じ夏の甲子園で全国制覇を経験した“後輩”に「守備も打撃も高卒1年目とは思えない」と褒める余裕すらあった。

 小野投手コーチは「あれだけ投げられたら十分。(開幕ローテに)入ってくるのは当然だからね」とうなずいた。次の登板は23日のDeNA戦(メットライフ)の予定。「毎回こういうピッチングができるようにしたい」と自覚をのぞかせた。(森下 知玲)

プロ野球
注目トピック