【中日】根尾、オリックス山岡に4打席3K、スライダーの洗礼に「今まで見たことなかった」

2019年3月16日7時0分  スポーツ報知
  • 7回2死二、三塁で見逃し三振に倒れた根尾

 ◆ウエスタン 中日2―10オリックス(15日・ナゴヤ)

 鮮烈な1軍デビューを飾った根尾が、ウエスタンの開幕戦でプロの洗礼を受けた。オリックスの1軍開幕投手が決まっている山岡と初対戦。「自分が(ボールを)捉える準備ができていなかった」と4度の対戦で3三振、無安打と圧倒された。中でも「(今まで見たこと)なかったです」というキレ味抜群のスライダーには2つの見逃し三振を喫した。

 14日の西武戦(ナゴヤD)ではオープン戦2打席目で1軍初安打をマーク。ここまでの実戦でも、阪神のメッセンジャーやガルシアら一線級の投手と対戦してきたが、この試合では完全に力の差を見せつられた。「悔しいです」と自慢のバットコントロールが通用せず、5打数無安打。それでも、2試合連続のフル出場に「疲れはない」と断言。遊撃の守備機会も無難にこなした。

 小笠原2軍監督は「全ていい経験。(再度1軍合流への基準は)数字ではない。内容や可能性などを見て」と説明し、16、17日の試合も先発起用する考えを明かした。逆転での開幕1軍へ対応力が試される。(長尾 隆広)

プロ野球
注目トピック