プロ野球ドラフト会議概要

◆ドラフト会議とは

 契約金の抑制と戦力均等化を狙いとして、NFLの制度を採用し1965年に第1回を開催。93年から高校生を除く大学・社会人選手らに「逆指名権」を認め、希望する球団への入団が可能に。2001年から04年まで「自由獲得枠」。05年から2年間は「希望獲得枠」に。05~07年は高校生と大学・社会人の分離ドラフトに。2位以降のウェーバー方式は、球宴で勝ち越したリーグに優先権が与えられていたが、15年からは交流戦での結果に変更となった。

◆ドラフトの手順

▼1巡目
(1)全球団が選択を希望する選手名を同時に提出。
(2)単独指名の場合はその球団の選択が確定。
(3)指名が重複した場合、抽選で決定。抽選は「球団順位の逆順」
で行う。
(4)抽選に外れた球団は再度入札し、指名が重複した場合は抽選で決定。
(5)全球団の選択が確定するまで繰り返し行う。

▼2巡目以降
 第2巡目の指名は「球団順位の逆順」で行い、第3巡目の指名は「球団順位」で行う。以後、交互に折り返しで指名する。各球団は10人まで指名できる。他球団がそれに満たない人数で選択を終了し、全体で120人に達していない場合は11人目以降の指名も可能。合計120人に達せず新人選択選択会議が終了した場合は、希望球団による「育成選手選択会議」を行う。

【注】「球団順位の逆順」はセ・パ交流戦で勝ち越したリーグの最下位球団を第1順位、負け越したリーグの最下位球団を第2順位、勝ち越したリーグの5位球団を第3順位とし、以下、同様にして定まる順番のこと。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
今日のスポーツ報知(東京版)