大阪東、ホストの意地見せ初代王者に輝く!…第1回大阪東ボーイズ大会

2017年11月29日7時0分  スポーツ報知
  • 優勝した大阪東ナインはメダルを胸にニッコリ

 ◆第1回大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 大阪柴島ボーイズ2―8大阪東ボーイズ(23日・興国高校枚方球場)

 「第1回大阪東ボーイズ大会」はホストの大阪東ボーイズが初代王者に輝いた。

 圧巻の戦いを見せたホストチームの大阪東が、16チームが参加した第1回大会の覇者に輝いた。

 初回に大量点を挙げて試合の大勢を決めた。先頭の森下が死球。2番・田中が送って3番・和泉も死球。暴投で得た1死二、三塁の好機に4番・徳丸が遊撃内野安打で先制した。

 さらに津崎の内野ゴロは本塁への野選を誘って、三塁走者・和泉が生還。その後も浮き足だった相手投手から連続四死球で追加点を挙げると、実山、阪本も連続安打。この回一挙5点を奪った。

 4回にも決定的な3点を追加し「楽な展開になりました」と森下監督。先発の徳丸も「自分たちの流れに持っていけたのはピッチングの面で良かった」と直球、カーブを中心に組み立て、毎回走者を背負いながらも4回まで無失点。本人は「ボールが指にかからなくて60点」と厳しい評価だったが、森下監督は「(味方の)失策もあるなか、打たれながらもよく投げた」とたたえた。

 記念すべき第1回大会で、ホストチームとして優勝で飾った森下監督は「それが何よりです」とほっとした様子。津崎主将は「春の全国大会に向けて平均していい打撃ができるチームにしていきたい」と決意を固めていた。

ボーイズリーグ
今日のスポーツ報知(東京版)