河内長野、ホスト優勝へ向け完封勝ちの好スタート…第21回大阪阪南大会

2018年4月6日7時0分  スポーツ報知
  • 河内長野の先発・小阪は、4安打完封など投打に活躍した

 ◆第21回大阪阪南大会会 ◇中学生の部▽1回戦 大阪柏原ボーイズ0―3河内長野ボーイズ(1日・浜寺公園NO1球場ほか)

 「第21回大阪阪南大会」が開幕し、ホストチームの一角、河内長野ボーイズが完封勝ちの好スタートを切った。

 河内長野の先発・小阪が大阪柏原打線を4安打に抑え、完封勝ち。ホスト優勝へ向け、元気にスタートを切った。

 初回1死、2番・蔵園が二塁打で好機をつくると、3番・小阪が「チームのためにも、自分を楽にするためにも」と先制二塁打。ベンチを盛り上げた。

 流れに乗った小阪は、切れのある直球と、スライダーなどで緩急をつけ、最後まで大阪柏原打線に的を絞らせなかった。この冬は森コーチと得意の直球を生かすためチェンジアップ、ツーシームなど変化球の習得に取り組み、投球の幅を広げた。

 5回には2死満塁のピンチを迎えたが、相手の1番打者を三振に仕留め、無失点。6回まで毎回の9奪三振で練習の成果を見せ「自分自身に自信をつけ、みんなに信頼される投手になりたい」と話した。

 打線も3回2死二塁で5番・尾阪が「とにかく走者をかえす」と右前適時打。6回には2死一、三塁で、1年生の8番・田中が右前適時打を放ち「勝ててうれしい。(内野手なので)エラーをしないように頑張ります」と援護した。

 初戦を快勝発進し、大北主将も「投手を中心によく頑張った。右のエース・藤井君が欠場しているが、2年生6人と1年生でチームワークを大事にし、次も勝ちたい」と意気込んだ。

ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)