豊中、完封リレーで大会初優勝…第2回大阪東ボーイズ大会

2018年11月21日6時0分  スポーツ報知
  • 優勝を決め胸を張る豊中ナイン

  ◆第2回大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部▽決勝 豊中ボーイズ3―0大阪交野ボーイズ(17日・ミキハウススタジアム)

 「第2回大阪東ボーイズ大会」が行われ、豊中ボーイズが大会初優勝を飾った。

 豊中が盤石の投手リレーで大阪交野を完封し、大会初優勝を決めた。

 準決勝は初回、小森、濱口の連打から3点を先制して主導権を握ると、3回にも6番・大橋の二塁打を足掛かりに1点を追加。投手陣も先発・大同が4回無失点。リリーフ・大橋も最少失点に抑え、逃げ切った。

 決勝戦は機動力で突破口を切り開いた。2回、2死から藤本、吉田の連打で一、三塁とし、一塁走者の吉田がディレードスチールを敢行。その間に三塁走者・藤本が生還し、先制点を奪った。「うまくいきました」としたり顔の吉田。4回は5番・石井の三塁打の後、大橋が右前適時打。6回も大橋の右犠飛でリードを広げた。

 好調の投手陣は「球も走っていた」と先発・大同は3回を無安打無失点。リリーフ・大橋も「楽しく投げられました」と完封リレーを見せた。投打の活躍で大会MVPに輝いた大同主将は「ベンチの雰囲気も良くて、打線もつながり優勝できて本当に良かったです」と満面の笑みを見せた。

 大島監督も「よくやりました。投手もよく頑張った。ただ、私たちの目標は全国へ行くことで、まず一つの目標をクリアできた。今後も頑張っていく」と、全国の舞台へ大きな一歩を踏み出した。

ボーイズリーグ
注目トピック