浜田、2年ぶりの出場決めた!…第49回春季全国大会山陰支部予選

2018年12月7日6時0分  スポーツ報知
  • 全国出場を決めた浜田ナイン

 ◆第49回春季全国大会山陰支部予選 ◇中学生の部▽決勝 浜田ボーイズ8―1米子ボーイズ=5回コールド=(11月24日・東出雲中央公園野球場)

 「第49回春季全国大会」山陰支部予選は浜田ボーイズが2年ぶりの出場を決めた。

 浜田が逆転のコールド勝ちで、2年ぶり2回目の全国出場を決めた。

 2回に先取点を許したが、3回、浜田は3番・笹田、4番・宮本、6番・山根の3長短打、スクイズも絡めて3点を挙げ、逆転。「流れをつかんで、全員がそれぞれの力を出し切った」と笹田主将。打っては3安打、捕手としても先発・宮本を好リードした。

 4回には1番・皆吉の右前打を口火に3安打で2点を追加。5回には5番・西川の左中間二塁打などで4点を奪い、決着をつけた。5回4安打1失点の宮本は「立ち上がり良くなかったが、みんなが点を取ってくれて盛り上げてくれた。3回1死一、三塁のピンチを切り抜けたのが大きかった」と全国舞台に向け、冬場の走り込みと投げ込みを誓った。

ボーイズリーグ
注目トピック