京都二条、粘って9回サヨナラ勝ちで優勝決める!…第11回京都南山城ボーイズ1年生大会

2018年12月12日6時0分  スポーツ報知
  • 熱戦を制し、優勝した京都二条ナイン

 ◆第11回京都南山城ボーイズ1年生大会 ◇中学1年生の部▽決勝 京都二条ボーイズ1―0枚方ボーイズ=延長9回=(1日・京都南山城ボーイズ専用グラウンド)

 息詰まる投手戦を制したのは京都二条だった。

 両チーム無得点で延長戦に突入し、迎えた9回。上野山、加藤が連続四球。9番の主将・梅谷は巧みなバントを三塁線へ転がすと、気迫の走塁で自らも生き、無死満塁に。1番・竹内の二ゴロで三塁走者・上野山が生還し、サヨナラ勝ちで優勝を決めた。

 準決勝、決勝に先発した松尾は「インコースを攻めて詰まらせることができて合格点です」と、目標だった優勝に貢献できた喜びを笑顔で語った。同じく2戦とも2番手で登板した平井も「ボールが多かったけれど、内角に投げられた。チーム全体で勝ててうれしい」と声を弾ませた。

 「投手陣の活躍、そしてチーム全体のつなげる意識。成長できた大会でした」と松原監督も選手たちをたたえ、ナイン全員で喜びをかみしめた。

ボーイズリーグ
注目トピック