中百舌鳥、完封で2年連続決めた…第49回春季全国大会・大阪阪南支部予選

2019年3月6日6時0分  スポーツ報知
  • 2年連続出場を決め、喜ぶ中百舌鳥ナイン

 ◆第49回春季全国大会・大阪阪南支部予選 ◇中学生の部▽決勝 中百舌鳥ボーイズ4―0堺初芝ボーイズ(2日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場)

 「第49回春季全国大会」(26日開幕・埼玉県大宮公園野球場ほか)の大阪阪南支部予選・中学生の部は、中百舌鳥ボーイズが決勝戦で完封勝利。2年連続の全国切符を勝ち取った。

 中百舌鳥が、完封勝利で2年連続の全国出場を決めた。初回、先頭・岡元の四球を足がかりに1死二、三塁とし、4番・西野が右翼線へ先制の2点二塁打。「チェンジアツプをうまく右方向に打てた。当たりはイマイチだったが、いい所に落ちた」と笑みを浮かべた。

 援護を受けた先発・橘本は「ストレート、カーブ、ツーシーム、全球種よかった。カーブは三振も取れるし、カウントを整えるのにも有効に使えた」と、初回は2者連続三振で発進。圧巻は6回だった。4番から始まる相手打線に対し、3つのアウトを全て三振で奪い、マウンドでガッッポーズ。4安打完封に「去年はベスト16だったので、それを超えるようチームに貢献する投球をする」と話した。

 主軸として3打点と活躍した西野は「7回の二塁打は完璧。全国大会では今日の試合のように投手を援護するバッテングをすれば優勝も夢ではない」ときっぱり。7回に貴重な適時打を放った岡元も「おいしい場面に回ってきたので、ここで一発。気合が入った」と振り返った。

 試合後、勝利の胴上げも「全国大会までお預け」と笑顔で断った神田監督。「練習は強いが、本番は弱い。まずは初戦突破」と控えめながらも、全国制覇に向けて踏み出した。

ボーイズリーグ
注目トピック