ニジマス連発!ヤマメ、シルバーサーモンも!「ベリーパークinフィッシュオン!鹿留」

2018年8月8日7時0分  スポーツ報知
  • 30センチ級のニジマスを釣り上げて大喜びの益子美沙希(ベリーパークinフィッシュオン!鹿留で)
  • 釣りの合間にレストランで休憩するまっしー

 自然の渓流や池など多彩な釣り場がある山梨・都留市の「ベリーパークinフィッシュオン!鹿留(ししどめ)」は、ニジマスをはじめヤマメ、シルバーサーモンなどが釣れる人気の管理釣り場だ。総合釣り具専門店「タックルベリー」のキャンペーンガール「ベリーガールズ」の「まっしー」こと益子美沙希(23)がルアー釣りでニジマス釣りに挑戦。30センチ級の良型を連発した。

イワナや銀ザケも 「ベリーパークinフィッシュオン!鹿留」には、鹿留湖やパインレイクがあるが、まっしーが向かったのは、鹿留川を利用した河川エリア。自然の渓流を使った釣り場だ。ところがこの日、上流で河川工事が行われていた影響で水が濁っていた。いつもなら見える魚影は全く見えない。

 しかし、まっしーは濁りなど気にせずにルアー選びに熱中していた。さんざん迷ったあげく、「形がかわいいから」という理由で小型クランクベイトを選んだ。鹿留のスタッフは「いい選択です。きっと釣れますよ」と太鼓判を押した。

 早速、河原に立ってキャスト、と言いたいところだが、なかなか遠くに飛ばせない。足元にポチャン、横にポチャン。ルアーはあらぬ方向へ。ところが30分ほどすると、次第に正確に遠くへ投げられるようになった。すると、ニジマスが反応した。ゆっくりリールを巻いていると、ググッ。バイトが手に伝わってきた。「何? なんか引いてる!」叫ぶまっしー。「きゃ~」と声を上げながらも落ち着いてリールを巻いている。差し出されたネットに収まったのは、30センチ級のニジマス。「うれしい~」とまっしーは大喜び。

 この頃から水が澄んできた。「水の澄み際はチャンスです」とスタッフが言う通り、まっしーはニジマスを連発した。思った場所にルアーを投げられるようになり、思い通りのコースにルアーを引いてくる。するとニジマスは素直に食ってくる。「私って釣りの才能あるかも」と自画自賛。

 約1時間半の釣りでまっしーは、20~30センチのニジマスを9尾ゲット。これで大満足かと思いきや、受付にあるボードを凝視。そこには各エリアに放流されている魚の種類が書かれていた。「河川エリアには、イワナやギンザケもいるんですね。鹿留湖やパインレイクでも釣りをしたい。バーベキューもできるので、今度は家族で来ます」。釣りに目覚めたまっしーは、再訪を誓った。(高田 典孝)

 レストランはメニュー豊富
 釣りの合間には、受付の前にあるレストランでひと息入れよう。定番のビーフカレー(830円)、しょうゆラーメン(670円)のほか、カツカレー(1140円)や担々麺風豆乳ラーメン(870円)、炭火焼き鳥丼(830円)が人気だ。ドリンクメニューも豊富なので、釣りでちょっと疲れたら、ひと休みするのにはぴったりだ。

 ◆めも 問い合わせは、管理事務所(TEL0554・43・0082)。料金は、ルアー・フライ釣りが1日券(6~17時)4500円(女性4300円)、半日券(12~17時)3900円。持ち帰り制限尾数は20尾。パインレイクかわせみは1日券6200円、半日券4800円。いずれもタックルベリー会員には割引あり。レンタルのロッド、リールはセットで1100円。宿泊もできる。

 ◆ニジマス釣りの基本的なタックル ▽ロッド…5・8~6・4フィートのトラウト用▽リール…小型スピニング▽ライン…2・5~3ポンド▽ルアー…小型クランクベイト、小型スプーン、ミノーなど。

 ◆益子 美沙希(ましこ・みさき)1995年8月7日、栃木県出身。女優として活動中。ニックネームはまっしー。特技はなわとび、お囃子など。

釣り
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)