宮城・女川でタラ1人平均20本ゲット

2018年10月10日10時0分  スポーツ報知
  • 宮城・女川の江ノ島沖で、タラ釣りを楽しんだ筆者

 9月中旬に晩夏のタラ釣りを楽しもうと、宮城県女川町・小乗浜港から「第八神龍丸」で出船した。この時は小型主体だったが、全員がタラを手にする事ができた。今後、海の状況さえ良ければ少しずつ白子も大きくなり、数・型ともに期待できそうだ。(オーナーばりフィールドモニター、アルファタックルテスター、ゴーセンフィールドスタッフ・玉川美紀)

 【宮城県女川町・江ノ島】ポイントの江ノ島沖には、港から1時間40分ほどで到着した。水深260メートル。使用するタックルは、250号~500号対応の深海ロットに電動リール、オモリは300号。仕掛けは胴突き5本針にサンマの半割りしたものをつける。必須アイテムとして、視認性の良いケミボタル、夜光ビーズやアピール度の高い毛針、タコベイト。匂い付きのワームなども、生餌より効果が高い場合もある。

 船長の合図とともにトモから順に仕掛けを投入。着底後、速やかに糸ふけをとり、底トントンをキープする。すると、左舷ミヨシで着底直後にヒット。船内に上げられたマダラは3キロほどだった。2投目、底にオモリが着いた途端にクンクンと私の竿に反応が来た。3~4キロのマダラが2本。続いて右舷ミヨシでも、3キロほどのポンタラが上がった。3投目も、3・5キロほどのマダラがポツリ、ポツリと上がったが、サイズアップしない。そこで大ダラ狙いで280メートルラインまで船が移動したが、反応が全く出なかった。

 朝方のポイントへ戻ると、着底後数分、ミヨシから順に反応が出始めた。私の竿先にもクンクン、クンクンとアタリが来た。1匹、2匹、3匹と針がかりし、巻き上げを開始すると竿先がグーンと曲がる。マンガンはかなわなかったが、4キロ前後のマダラが4本。この後、順調に数を伸ばし23本上げた。“特別ゲスト”に40センチほどの宗八ガレイが2枚上がった。結果、1人平均20本、最大5キロと小型主体だったが、全員がタラを手に入れることができた。

釣り
注目トピック