小野瀬みらい、外房・飯岡港でマダイ対決 船上カメラマンに敗れ「悔しい」

2018年10月11日11時0分  スポーツ報知
  • 船上カメラマン(右)にマダイを釣られ、みらいちゃんは浮かぬ顔(太幸丸で)
  • ハナダイを釣った小野瀬みらい
  • 船上カメラマンとマダイ釣りで対決したみらいちゃん

 女優の小野瀬みらい(26)と、スポーツ報知きっての釣り好き、“船上カメラマン”こと越川亘記者(52)が、外房・飯岡港の報知指定・太幸丸でマダイ釣り勝負で激突した。一つテンヤで釣ったマダイの大型1尾の重量で競った。船上カメラマンの釣り対決第3戦は、初の女性挑戦者を迎えて「さあ、いざ勝負」と飯岡沖へ繰り出した。

 「ぜひ、船上カメラマンと対決させてください」。みらいちゃんの直訴で実現した今回の対戦。ターゲットは彼女がプライベートの釣りでも経験のある一つテンヤのマダイに決定。ところが、出船前にみらいちゃんは「あまり自信がないんですよね」と不安を口にした。一方、船上カメラマン・越川記者も「久しぶりだから、釣れるかな」とこちらも自信なさげだ。対戦前から先行き不安?

 釣り場は飯岡沖水深30メートル。みらいちゃんは、女の直感で赤金の8号テンヤを選んだ。テンヤを着底させると、大きくあおって誘った。程なくして、みらいちゃんの竿が大きくしなった。「食いました!」元気な声が船上に響く。「えっ? 釣れたの?」。船上カメラマンもいきなりの先制パンチにびっくり。

 しかし、魚が見えるまであと数メートルという時にハリから外れた。「バレた」と肩を落とすみらいちゃん。「バレちゃったのかぁ」。なぐさめの言葉とは裏腹に、ほっとする船上カメラマンだが、このバラシが最後まで響くことになるとは、誰にも分からなかった。

 相手のバラシで落ち着きを取り戻した船上カメラマンは、まずは0・4キロのマダイをゲット。その後も0・3キロを2尾追加し、余裕が出てきたのか「このテンヤで釣ってごらん」と、自分が釣っていたテンヤをみらいちゃんに渡した。

 敵に塩を送る余裕を見せたが、その直後、みらいちゃんの竿が再び大きく曲がった。「今度はバラさないから」と慎重にリールを巻く。「良型のマダイだったらどうしよう」。先ほどまでの余裕はどこへやら、慌てる船上カメラマン。みんなが見守る中、上がってきたのはマダイではなくハナダイ。良型なのだが、これでは検量の対象にはならない。「やっと釣れたと思ったのに」と、みらいちゃんは悔しがった。

 このまま終了の時間を迎え、0・4キロのマダイを釣った船上カメラマン、越川記者の完勝。「悔しい。ぜひもう1回やらせてください」と、みらいちゃんの再戦要求に、越川記者は「いつでも、どこでも受けてやる」と応じた。次戦でみらいちゃんのリベンジなるか。(高田 典孝)

 船上カメラマン・越川亘記者「心の声で『釣りに行きたいのだ』と叫び続けていた。誘いはあったが、何度も襲来する台風や仕事の都合で約4か月も竿を触れなかった。そんな時にみらいちゃんからきた挑戦。本当に釣りは楽しい。マダイを3尾、良型のハナダイ1尾を釣り上げて完勝した。みらいさんから『リベンジもマダイで』と申し込まれた。もちろん受けて立つ。いつでもいい。次回が楽しみでしょうがない」

 ◆めも マダイ釣りの乗合船、問い合わせは飯岡港太幸丸(TEL0479・63・1902、HPはQRコード参照)。午前4時30分出船。料金は生きエビ餌、氷つきで1万2000円。レンタルタックルあり。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 平潟港第3隆栄丸(TEL0293・46・2133)

 日立久慈港大さん弘漁丸(TEL0294・52・3504)

 那珂湊港源丸(TEL029・265・7718)

 大洗港昭栄丸(TEL029・267・5396)

 鹿島港植田丸(TEL0299・82・3773)

 外川港大盛丸(TEL0479・23・3362)

 大原港松栄丸(TEL0470・62・0571)

 太海港聡丸(TEL04・7092・0505)

 西川名港竜一丸(TEL0470・29・0605)

 洲崎港第2美吉丸(TEL090・7008・0802)

 保田港弥生丸(TEL0470・55・0747)

 腰越港孝太郎丸(TEL0467・31・1344)

 茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

 ◆小野瀬みらい(おのせ・みらい) 1992年、東京都出身。26歳。高校、大学とソフトボールに打ち込む。大学卒業とともにBS釣りビジョン「大漁! 関東沖釣り爆釣会」の5代目リーダーに就任した。4年を経て今春、番組を卒業。現在は舞台を中心に活躍。15日まで演劇ユニット・爆走おとな小学生の第5回特別授業「あたしをくらえ」(東京・新宿村LIVE team Vウィルス)に出演中。

 ◆越川亘(こしかわ・わたる) 1966年、大阪府出身。51歳。本紙船上カメラマン。89年報知新聞社入社。写真部勤務を経て、メディア局コンテンツ編集部次長。中国の古いことわざにある「―永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」を実践中。趣味は他に、落語、お酒。血圧が高めで休肝日を設定、お茶で過ごす日もある。

釣り
今日のスポーツ報知(東京版)