波止から手軽にサビキ&タチウオ…大阪・舞洲

2018年11月8日6時0分  スポーツ報知
  • この時期のタチウオの平均サイズは80センチ。ルールを守って波止から釣りを楽しもう

 近くに駐車場があり、安全に釣りができる大阪市此花区の「舞洲シーサイドプロムナード魚釣り開放区域」でタチウオ釣りとサビキ釣りを10月末から数回、楽しんだ。

 いい時ならタチウオは2ケタ釣果。サビキではサバ、セイゴ、チャリコなどが狙えて夕方の時合いには良型アジも期待できる。

 午後2時に到着し、まずはサビキ釣りを始めた。前回はサバが入れ食いだったが、急な冷え込みのためか1投目は無反応。5分ほどするとアタリが出た。竿先が大きく曲がり、セイゴが上がった。2時間ほどはチャリコとセイゴがよく釣れた。

 午後4時頃からは釣り人が増えてテンヤの引き釣りやルアーでタチウオを狙う人、アジ釣りを楽しむ家族が見かけられた。

 本命はタチウオ。午後6時前に最初のアタリが出た。電気ウキがユラユラと海中に沈み、見えなくなるまで待った。糸フケを取って仕掛けを張り気味にし、竿先が引き込まれてから一気に竿をあおった。ガッチリとフッキング。タチウオらしい重量感と強い引きを味わい、80センチほどの平均サイズを釣り上げた。周囲でも竿が曲がり、同型のタチウオが上がっていた。

 午後9時頃には反応がなくなり納竿。タチウオのアタリは多かったが、食いが渋くてバラシも多かったので釣果は4尾(80~85センチ)。また、この日は全体的にルアーよりも餌釣りの方に分があったようだ。一方、サビキの釣果はセイゴ17尾、チャリコ8尾、アジ15尾だった。

 大阪湾には立ち入り禁止エリアが多くあるので、必ず決められた場所でルールとモラルを守って釣りを楽しむこと。タチウオはまだ狙えるので、しっかり防寒対策をして出掛けてみては。(報知APG・峰松 茂美)

釣り
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)