【晴山由梨きょうも釣り日和】ちがさき丸でマルイカにハマル

2018年5月17日7時0分  スポーツ報知
  • 20センチ級のマルイカ(左)とムギイカ(右)を3杯掛けで上げた由梨ちゃん(ちがさき丸で)
  • ムギイカを立て続けに取り込んだ

 釣りガールの晴山由梨が、湘南でマルイカ、ムギイカを狙った。茅ケ崎港の報知指定・ちがさき丸に乗船して茅ケ崎沖へ。マルイカ釣りは微妙な触りを取る繊細な釣り。取材した日は、竿先をわずかに振るわすアタリに翻弄されながらも、20センチ級のマルイカをゲット。「マルイカ釣りは難しいけれど、面白い」と大満足だった。

 湘南でマルイカを狙いました。これから夏にかけては浅場で狙えるため、ライトタックルで手軽に楽しむことができるターゲットです。しかも、アタリが繊細でそこが面白いのです。

 マルイカ釣りでは、スッテと呼ばれるイカ用の疑似餌を使用します。その日、その時間帯で“当たりスッテ”が変わってくるので、その組み合わせがポイント。釣具店に行くといろんな形状やカラー、質感のスッテがたくさんあるので、見ているだけで楽しくなっちゃいます。マルイカ釣りにハマると、スッテがどんどん増えていっちゃうんです(マルイカ釣りファンのあるあるです)。出船前、ちがさき丸の女将(おかみ)さんに話を聞くと、緑のスッテで近頃釣れているのだとか。ということでこっそり、その緑のスッテも購入です。

 午前6時に出船。茅ケ崎沖でイカの反応を探していた石塚光洋船長が、最初に船を止めたのは水深75メートル。底から2~3メートル上に反応があるとか。オモリが着底したら、糸フケをとり、竿先を目の高さまでゆっくり上げて誘います。アタリがとても繊細なので竿先に全神経を集中! クッと竿先が引っ張られたところで、素早く合わせるとズンッと重量感が加わりました。乗った! 巻いてくるとムギイカ(スルメイカの子ども)が姿を見せました。しかも釣れたのは女将さんに教えてもらった緑のスッテ。さすが~女将さん。

 その後も釣れるのはムギばかりで、本命のマルイカがなかなか現れてくれません。こういう時はポイント移動の時に毎回1つや2つずつスッテを交換していきます。そしてその作戦が功を奏します。

ベストシーズン 午前10時頃、この日一番の重量感が竿先に加わりました。ドキドキしながらリールを巻いてくると、まず一番上のスッテにムギイカ。そしてその下にまたムギ。「またムギイカか~」と内心思っていると、一番下のスッテに20センチ級のマルイカが掛かっていました。待望のマルイカとのご対面。丸みを帯びた見た目がとってもキュートでいとおしい!

 この日は悪天候のため12時頃に早上がりとなってしまいましたが、終わってみれば何と竿頭! マルイカは今がシーズンまっただ中ですよ。(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 1988年5月11日、鳥取市生まれ、30歳。広島大学教育学部卒。13年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「6月9日に栃木・矢板で行われる親子釣り体験教室(https://web.tsuribito.co.jp/oyako)に参加します。まだ募集中なので、ニジマス釣りをしたい親子をお待ちしています」

 ◆めも マルイカ、ムギイカ釣りの近況、乗合船は、茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)。乗合船は午前6時出船。料金は氷付きで9500円。女性3000円引き、中高生2000円引き、小学生半額。無料駐車場あり。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 太海港聡丸(TEL04・7092・0505)

 長井港辰丸(TEL046・856・2778)

 あぶずり港長三朗丸(TEL090・3349・4882)

 片瀬港島きち丸(TEL0466・25・9642)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)

 真鶴港誠いち丸(TEL0465・68・2432)

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)

釣りコラム
今日のスポーツ報知(東京版)