【晴山由梨きょうも釣り日和】腰越港・孝太郎丸でアマダイ、ゲット!50センチ超ジャンボも期待

2018年10月18日9時0分  スポーツ報知
  • 由梨ちゃんが釣った30センチ級のアマダイ(孝太郎丸で)
  • アマダイが食った! 強烈な引きに竿は大きく曲がった

 釣りガールの晴山由梨が相模湾でアマダイ釣りを楽しんだ。湘南・腰越港の報知指定・孝太郎丸の乗合船で出船、江の島沖へ繰り出した。アマダイ釣りは開幕したばかりとあって、手探り状態での釣りだったが、由梨ちゃんは見事に25センチと30センチ級のアマダイをゲット。そのかわいらしい顔に魅了されていた。

 毎年、アマダイ釣りのシーズンが始まると、冬が一歩一歩近づいていることを実感します。孝太郎丸のアマダイ乗合船は始まったばかり。しかも、取材当日は猛烈な台風が日本列島を過ぎ去った直後という、アマダイ釣りはどうなるか分からないドキドキの状況。どうか釣れますよ~に!

 ポイントは江の島沖水深80メートル前後。オモリで底を2~3回トントンと小突いたら、仕掛けを1メートル上げてアマダイからのアタリを待ちます。アマダイ釣りでは、餌を底ギリギリに流すことが大事です。すると、さっそく左舷側のお客さんにアマダイが釣れました。続いて右舷船尾近くのお客さんが30センチ級のアマダイを上げました。おっ! 今日はよさそうな予感★ このまま私もアマダイをゲットだ!

 しかし、アマダイは、なかなか私の所には来てくれません。こういう時は、釣れた人の釣り方をこっそり観察。見ていると、竿を大きく持ち上げたり、竿先をゆらゆらと揺らしたりと、頻繁に誘いを入れている様子でした。私もマネしちゃおう。すると、クククッと竿先にアタリが。ゆっくり竿を持ち上げて、アタリと聞きながら合わせると、グーンと竿先に魚の重みが加わりました。

 ここで電動リールのスイッチオン。巻き上げている間も、グングンと竿を締め込むいい引きをしてくれるので、こちらはハラハラドキドキ。水面に見えてきたのはきれいなピンク色の魚体。本命のアマダイです。やはり誘いを入れたのが効果てきめんだったようです。測ると25センチ。まずまずのサイズ。久々にアマダイのかわいらしい顔を見れて、最初の不安が吹き飛びました。

 この1尾で肩の力が抜けたのがよかったのか、立て続けに30センチのアマダイを追加できました。この日釣れたアマダイは、全体的に良型が多く、30センチオーバーを釣っている方もいました。アマダイ釣りはこれからが本番です。50センチを超すジャンボサイズも期待できます。ぜひ、かわいらしいアマダイに癒やされてみてくださいね。(タレント)

 ◆めも アマダイ釣りの近況、乗合船は腰越港孝太郎丸(TEL0467・31・1344)。乗合船は午前6時30分出船。料金は餌、氷付きで9500円。駐車場あり。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 片瀬港島きち丸(TEL0466・25・9642)

 茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「11月4日に東京・品川で行われるシーバスのイベントに参加します。イベント出演などはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

釣りコラム
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)