【山田邦子 釣りウキウキ】“釣り天国”能登で来年行われる大会にワクワク

2018年12月6日11時0分  スポーツ報知
  • 仲良しの村越正海プロと能登へ出掛けた邦ちゃん

 能登へは行きますか? 私は大好きでよく行くんだけど、甘エビやノドグロがおいしいだけじゃなくタイ、ブリ、アジのほか、イカやタコ、五目釣りでも何でもござれ。浜からも堤防からもバンバン釣れる。地図でもわかるけど、丸く囲まれてるからだいたいは海はナギよね。あ、でも、輪島湾まで出ればマグロもいます。超美味! 寒くて手がかじかんでも、鼻水ちょちょ切れても釣り人はGO!

 でね、この度、特によく行く七尾の知り合い(北陸海洋開発)が、動きやすい釣り船を何隻か用意して、来年から穴水港、宇出津港、飯田港、七尾港などで、なんと釣り大会を定期的に開催してくれるというので、マジか!?って大喜び。早速、仲良しの村越正海プロに連絡。「能登もよく行きますよ」ってんで、無理言ってスケジュール合わせて一緒に行ってもらって、北陸や七尾湾で活躍するタレントのジャック・シケ王にも会い、いろいろ話を聞いて来たけど、かなり面白そう。

 今年、平成30年の能登立国1300年、来年の平成31年(年号変わりますが)の七尾港開港120周年を迎えるには、バッチリの流れ。みんな行きましょうよ。大物狙いから、水中ドローンでの海底探索、160トン(北陸最大級)の遊覧船・幸進丸でクルージングや花火大会観覧と盛りだくさん。釣り大好き人間から、初心者、私のようなチャラチャラ釣りの人まで、楽しめそう。ワクワク。村越プロ、ありがとうございました。今後ともぜひ、よろしくお願いいたします!

釣りコラム
注目トピック