釣りガール・小野瀬みらい「釣れても釣れなくても楽しければそれで良し」太幸丸でマダイ狙う

2018年12月6日11時0分  スポーツ報知
  • みらいちゃんは良型ハナダイをゲット

 報知フィッシングフェスタ「晴山由梨×小野瀬みらい マダイ釣りイベント」が11月23日、外房・飯岡港の報知指定・太幸丸で開催された。「きょうも釣り日和」を本紙で連載中の晴山由梨と釣りガールの小野瀬みらいが、17人の参加者と一緒に飯岡沖でマダイを狙った。ウマヅラハギの猛攻に参加者は頭を悩ませたが、本命のマダイのほかにもハナダイやイシガキダイ、マハタなど多彩な魚が釣れた。帰港後はサイン会や写真撮影会が行われ、2人はファンとの交流を楽しんだ。

 待ちに待った朝。いや未明。午前4時30分集合にも関わらず、船宿の前にはたくさんの車が並んでいました。釣り人の朝は早い! 今回のイベントを楽しみに待っててくれた人がたくさんいて朝から大興奮。

 元気だったのは、ウマヅラハギ。マダイよりもウマヅラが爆釣。それでも参加者の多くがマダイの顔を見ることができました。私は、ウマヅラ1尾とハナダイを1尾。釣れても釣れなくても楽しければそれで良し(笑い)。私は参加者の皆さんと話せたことがとても楽しかった。皆さんも釣れなくても楽しんでもらえたら本望です! また一緒に釣りしましょう。次回、会える日を楽しみにしています(小野瀬 みらい)

釣りコラム
注目トピック