【大仁田厚釣りまくり】“めでタイ”釣って正月を迎えて欲しいんじゃ―

2018年12月13日7時0分  スポーツ報知
  • 福岡・玄海灘でヒラマサやマダイを釣った大仁田厚(福岡・芥屋漁港で)
  • 釣った2キロ級のマダイを日加修好パーティーで披露した

 この連載も開店休業状態のまま1年が過ぎてしまった。前回は昨年11月9日付の掲載で10月31日に東京・後楽園ホールでのプロレス引退試合(7年ぶり7度目)について報告したわけだが、1年たってボランティアレスラーとして1年ぶり7度目の復帰をしてしまったんじゃー。日本時間10日には米フィラデルフィアで爆破マッチをしてきた。

 まぁ、1年でいろいろあった。4月に佐賀・神埼市の市長選に出馬したが落選。そのまま佐賀に住んで釣りを続けている。前回に書いた「大仁田厚は釣り人を引退することは決してありません」という言葉は絶対に覆ることはないんじゃー。

 関東の報知指定店に行けないのが残念だが、先日は福岡の糸島市にある芥屋漁港の三祥丸(中村栄一船長)に乗って、玄界灘へ。船は揺れたが俺は平気。マダイ、ヒラマサなどの高級魚がバンバン釣れた。その日は、日本ジョーキーボール協会の日本とカナダの修好90周年記念パーティーに招待されたから、マダイをお祝いにプレゼントしたら喜ばれた。めでたい鯛は日本全国、どこで釣っても喜ばれるんじゃー。

 スポーツ報知の釣り速報欄を見ると、関東では茨城・鹿島沖や東京湾、相模湾の腰越沖、茅ケ崎沖などでマダイが釣れているようだ。みんなマダイを釣って、めだたく正月を迎えて欲しいんじゃー。

(プロレスラー)

釣りコラム
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック