パックン、母校愛語り尽くすも思わぬ結果に嘆き節「ハーバード卒を取ったら何も残らないよ」

2017年9月28日8時23分  スポーツ報知
  • 「パックンマックン」のパックン

 米ハーバード大学卒のお笑いコンビ「パックンマックン」パックン(46)が、27日放送の日本テレビ系「ナカイの窓 母校を愛してますSP」(水曜・後11時59分)に出演。母校愛を語りまくったが、心理分析結果に愕然(がくぜん)とした。

 米国最古の教育機関の母校について、卒業生にジョン・F・ケネディやバラク・オバマの両元大統領、女優のナタリー・ポートマンら著名人の名前を挙げ、「大統領を8名輩出。ノーベル賞受賞者は48名」と自慢したパックン。さらに、研究設備や蔵書数2040万冊という世界最大級のワイドナー図書館などを紹介した。

 MCの中居正広(45)は「(学費は)高いの?」と聞くと「もろもろ含めて、ぽっきり700万円くらい、1年で」と高額な学費を公表した上で、奨学金制度を説明。「丸々学費を払っている人はほとんどいない。どんな生徒も来られる様に返さなくていい学費(奨学金)を提供している。決まりとして、学生の家庭の年収が650万円以下だったら全額大学が出します。僕も、ほとんど払っていないんです」と話した。

 理由として「基金があり卒業生の寄付の総額が3兆円ある」と明かし「立派なOBの皆さんが寄付している。1人だけで100億円を寄付した人もいる」と優れた基金制度を自信満々に語った。

 しかし、心理分析の結果、「母校を愛していない人」に選ばれてしまったパックンは「僕からハーバード卒を取ったら何も残らないですよ」と嘆き節。臨床心理士の山名裕子先生から「母校を愛しているというよりも、ハーバード出身の自分を愛していると感じた」との分析結果を突きつけられ、へこんでいた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ