佐藤健「絶対にプライベートで写真撮影を頼まれても断りません!」宣言!…映画「亜人」初日舞台挨拶

2017年9月30日11時59分  スポーツ報知
  • 映画「亜人」初日舞台あいさつで見所を語り合う佐藤健(左)と綾野剛

 俳優の佐藤健(28)が30日、都内で行われた主演映画「亜人」(本広克行監督)の初日舞台挨拶に出席した。

 絶対に死なない新人類「亜人」同士の戦いを描いた同名漫画を実写化したバトルアクション。佐藤は「3、4年前に映画化の話を伺っていたので初日を迎えられて感慨深いです。エンターテインメントの限界に挑戦した作品です! ストレス解消したい人は劇場まで足を運んで下さい」とあいさつした。

 見所は佐藤や綾野剛(35)が裸の肉体美を披露しているシーン。佐藤は「どんな宣伝でも裸、裸と言われ…」とテレた一方で、綾野剛(35)は「最初は肌色のトランクスを履いていたんですけど、アングルを限定するのが嫌だったので、脱いだらしっかりケツを撮られていた」と秘話を明かしていた。川栄李奈(22)は「1800円で2人の裸が見られる! 安いですよね。私、10回くらい見たいです! 女子を代表して言いたかった!」とコーフン気味だった。

 絶対に死なない新人類を描く作品だけに、各キャストに「私は絶対に〇〇しない!」宣言をさせるコーナーで、城田優(31)は「私は絶対にTシャツをインしない!」と謎のボケ。玉山鉄二(37)は「私は絶対に衆議院選挙には出馬しません。精査した結果、今回は見送ろう」とタイムリーに不出馬表明。佐藤は「私は絶対に(プライベートで)街で会った方に写真撮影を頼まれても断りません! でも、その代わり絶対に『亜人』を見てよ!」と座長として不退転の決意を述べていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)