関ジャニ∞錦戸、待望の大河初出演 西郷どん・鈴木亮平と16センチ差兄弟

2017年10月4日6時0分  スポーツ報知
  • 大河ドラマ「西郷どん」の新キャスト発表会で意気込みを語った(前列左から)ミムラ、鈴木亮平、二階堂ふみ、藤木直人(後列同)田中道子、竜雷太、伊武雅刀、佐野史郎、井戸田潤

 俳優・鈴木亮平(34)が主人公の西郷隆盛を演じる来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(1月7日スタート、日曜・後8時)の出演者発表会見が3日、東京・渋谷の同局で行われ、大河初出演となる「関ジャニ∞」の錦戸亮(32)ら新キャストが発表された。

 錦戸は西郷隆盛の弟で、兄弟で力を合わせて明治維新を成し遂げるが、最後は兄と袂(たもと)を分かつ従道(じゅうどう、通名・信吾)役。会見の直前、鈴木と初対面し「俺ら似てる?」と声を掛けられたと明かし、自身も身長差16センチの“兄”を見上げ「大丈夫かなと…」と不安そう。それでも「ジャニーズのオーディションを受けて20年くらいたつんですが、やっと本格派の時代劇に出られるようになった。きっちり役割を果たせるように頑張りたい」と意気込んだ。

 一方、鈴木も「今回の発表で一番驚いた。西郷(隆盛)さんの肖像画の半分は従道さんがモデルだったと言われるほど似てたらしい。僕にそっくりの人が来るのかなと思ったら、まさか亮君で。やっていくうちに兄弟に見えてくると思う」とポジティブに語った。錦戸の撮影は今月中旬に始まり、本格的な登場シーンは中盤以降となる。

 一方先月男性医師とのダブル不倫を認め、同作の出演辞退を表明した女優の斉藤由貴(51)の代役について、制作統括の櫻井賢氏は「今、女優として、勢いのあるすてきな方なので、お迎えできればと思っていたので残念です」と表情を曇らせた。この日、代役の発表はなかったが、今月中に決定する見通し。

 ◆又吉も初大河

 島送りにされた隆盛を救い、結婚する島の娘・愛加那(あいかな)役の二階堂ふみ(23)は、艶やかな振り袖姿で登場したが、極度の緊張で「いいことを言おうと思ったけど忘れてしまいました」。この日は欠席したがピースの又吉直樹(37)が徳川家定役で大河初出演する。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)