亀梨、実家から数分の会場で“凱旋”ソロツアー・ファイナル 母親からは赤飯の差し入れ

2017年10月31日6時0分  スポーツ報知
  • 亀梨和也

 KAT―TUNの亀梨和也(31)が30日、東京・江戸川区総合文化センターで自身初ソロツアー「The一(ファースト)~Follow me~」(19か所43公演)を締めくくった。

 実家から数分の距離で、幼稚園のお遊戯会で“初ステージ”を踏んだ会場。「ここに来る道も、実家に帰る道と同じ。不思議」と特別な感情で24曲を披露した。

 両親も客席から見守り、母親からスタッフ用に赤飯のおにぎりの差し入れもあった。友人から借りたというお遊戯会の映像も披露。「自分で思っていたよりやんちゃでしたね」と照れた。

 アンコールでは山下智久(32)が駆け付け、コラボ曲「背中越しのチャンス」などを披露。グループは充電期間中も中丸雄一(34)、上田竜也(34)が映像出演。充実のソロツアーを終え「来年とか、いいタイミングの中でみんなの前に(3人で)立てるようにしていく段階には、そろそろ入っていると感じる」と次なるステップに思いをはせた。

 ◆清宮と対面熱望
 会場は、小学校のときに軟式野球の世界大会の開幕セレモニーでも訪れたことがある。野球少年として、先日のプロ野球・ドラフト会議で日本ハムに1位指名された早実・清宮幸太郎選手に「開幕スタメンもあると思う。あと、プロに入ったので、やっと取材ができる」と対面を熱望。また清宮が所属していた「東京北砂リトル」は実家から近い。「僕も誘われていた。今思えば行っておけば良かった」と先輩になり損ねたことを悔やんだ。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)