松たか子、18年ぶり紅白!…朝ドラ「わろてんか」主題歌で

2017年11月16日5時0分  スポーツ報知
  • 紅白出場が内定した松たか子

 女優で歌手の松たか子(40)が、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)に18年ぶりに出場することが15日、分かった。

 女優・葵わかな(19)がヒロインを務める同局の連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜・前8時)の主題歌「明日はどこから」を担当。透き通った歌声は、放送開始からお茶の間で親しまれ、高視聴率の要因の一つとなっている。この曲は、松が朝ドラのために作詞・作曲を手がけたオリジナル曲。NHKドラマへの楽曲提供は初めてだった。

 松と紅白との関わりは深い。1996年史上最年少(当時19歳)で紅組司会に抜てきされると、翌97年に歌手として初出場し、「明日、春が来たら」を歌唱。前回出場時の99年は、「夢のしずく」を披露した。

 日本語版声優を務めたアニメ映画「アナと雪の女王」(2014年)が大ヒットした際、劇中で「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を歌唱したが、妊娠期間中だったこともあり、出演がかなわなかった。「どうしても出演してほしい歌手の一人だった。ねばり強く交渉した」と同局関係者。詳細はこれからだが、朝ドラとリンクした演出に期待が高まりそうだ。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ