日テレ年末音楽特番「ベストヒット歌謡祭」視聴率、三浦祐太朗の熱唱で瞬間最高13・5%

2017年11月16日11時29分  スポーツ報知
  • 三浦祐太朗

 15日に放送された日テレ系音楽特番「ベストヒット歌謡祭2017」(後7時)の平均視聴率が11・1%を記録したことが16日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後8時21分、三浦友和(65)と山口百恵さん(58)の長男で歌手の三浦祐太朗(33)が母の引退ソング「さよならの向う側」を歌い終わり、次に歌唱する三代目J Soul Brothersが登場した場面で13・5%を記録した。

 大阪・読売テレビが制作し、年末の音楽特番では唯一の関西発となる同番組は前身から通算50回目。ウエンツ瑛士(32)、宮根誠司アナ(54)、女優の橋本マナミ(33)がMCを担当。大阪・フェスティバルホールで開催され、17年ぶりの登場となる松田聖子(55)ら18組のアーティストが出演した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)