「おんな城主 直虎」全50話の期間平均視聴率はワースト2位の12・8% 1位は「篤姫」24・5% 

2017年12月18日11時19分  スポーツ報知
  • 「おんな城主 直虎」主演の柴咲コウ

 17日に最終回を迎えた柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜・後8時)の全50話の期間平均視聴率が12・8%を記録したことが18日、分かった。

 1997年の「毛利元就」以降、20年間の作品の中では、12年「平清盛」と15年「花燃ゆ」の12・0%に次ぐワースト2位の記録となった。

 期間平均では08年「篤姫」の24・5%が最高で、97年「毛利元就」の23・4%が2番目、02年「利家とまつ・加賀百万石物語」の22・1%が3番目の高視聴率。最近では09年「天地人」が21・2%を獲得して以降、8年連続で20%の大台には届いていない。

 17日に放送された「直虎」の最終回の平均視聴率は12・5%をマーク。今年1月8日放送の初回16・9%が番組最高の視聴率だった。

 最終回の視聴率としては、98年「徳川慶喜」の29・7%が過去20年で最高の数字となっている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ