初音ミク、TBS新アニメ「シンカリオン」に11歳運転士役で登場

2017年12月27日15時6分  スポーツ報知
  • 「初音ミク」が、シンカリオンの世界では「発音ミク」として運転士の姿に illustration by KEI(C)Crypton Future Media,INC.www.piapro.net(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

 日本が世界に誇るバーチャルシンガー「初音ミク」が、TBS系新アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」(来年1月6日スタート、土曜・前7時)に登場することが27日、同局から発表された。

 「シンカリオン」は“漆黒の新幹線”が生み出す巨大怪物体から日本の未来を守るため、実在する新幹線から変形する巨大ロボット。子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう物語。

 初音は「シンカリオン H5はやぶさ」の運転士で11歳の発音ミクとして出演。ストイックな性格で、シンカリオンに乗りこなすため鍛錬に励む。勉強も得意な委員長タイプで特技は剣道。なんでも完璧にこなしてきた彼女にも実は人には言えない弱点があって…いう設定だ。

 様々なクリエイターやアーティスト、アパレルブランドなど多岐にわたるジャンルとコラボレーションをしてきた大人気キャラクター・初音ミクの新たなコラボに注目が集まる。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ