青学大V4の箱根駅伝、往路は歴代1位の29・4%、復路は歴代3位29・7% 瞬間最高は両日30%超え

2018年1月4日10時4分  スポーツ報知
  • 4連覇のテープを切る青学大アンカーの橋間貴弥

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2、3日=芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、全10区間)

 年始恒例の日本テレビ系「第94回箱根駅伝」の平均視聴率は、2日の往路(前7時50分~後2時5分)が29・4%、3日の復路(前7時50分~後2時18分)が29・7%だったことが4日、分かった。

 昨年の往路は27・2%、復路は28・4%で、ともに上回った。

 同局での放送は32回目を迎え、往路は歴代1位の高視聴率。復路は歴代3位の数字となった。往復平均は歴代2位の29・5%を獲得した。

 瞬間最高視聴率は2日が午後1時、5区で2位につけた青学大の竹石尚人(2年)が懸命に山を登る場面などで34・2%をマーク。3日は午前9時、山下りの6区をランナーたちが力走する場面で35・7%に達した。

 今年は往路2位の青学大が東洋大を逆転し、総合10時間57分39秒で13年ぶり6校目の総合4連覇を達成。6区で小野田勇次(3年)が往路優勝の東洋大を逆転すると、7区で林奎介(3年)が区間新記録。創部100周年を飾った原晋監督(50)は「ハーモニー大作戦は400%の大成功です!」と胸を張り、優勝会見では陸上界に革命を起こすと宣言した。

 往路優勝の東洋大は6区で先頭を譲り、2位で終えるも史上6校目の10年連続トップ3。早大が2年連続3位となり、4位日体大、5位東海大、6位法大、7位城西大、8位拓大、9位帝京大、10位中央学院大がシード権を獲得した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ