亀梨和也、KAT‐TUN再始動&主演ドラマ「新たなスタート

2018年1月6日16時23分  スポーツ報知
  •  

 KAT―TUNの亀梨和也(31)が6日、都内でフジテレビ系主演ドラマ「FINAL CUT」(9日スタート、火曜・後9時)の制作発表会見に出席した。

 約1年8か月の充電を経て、1月1日からKAT―TUNとしての活動を再開。「KAT―TUNの新たなスタートの年に、ステキなキャストの皆さんとチームとして一歩踏み出せるのは幸せだと感じながら、日々実感しながら撮影してます」とあいさつした。

 メディアを通して伝わる世間のイメージとのギャップを聞かれ、「ストイックと言われるけれど、全然ストイックじゃない。家では素っ裸でグータラしてます。生まれたての亀で生活してます」と会場を笑わせた。

 亀梨の連ドラ主演は、昨年7月期の日テレ系「ボク、運命の人です。」以来で、フジ系では「サプリ」(2006年7月期)以来11年半ぶり。亡き母のため、復讐(ふくしゅう)に人生をささげる主人公を演じる。

 このほか、藤木直人(45)、栗山千明(33)、橋本環奈(18)、林遣都(27)、Hey!Say!JUMPの高木雄也(27)、やついいちろう(43)、杉本哲太(52)が出席した。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)