デーブ・スペクター氏、人気YouTuberの提携解除に「ツケがまわった」

2018年1月12日22時11分  スポーツ報知
  • デーブ・スペクター氏

 テレビプロデューサーでタレントのデーブ・スペクター氏が、12日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演。遺体の動画を撮影、投稿した人気YouTuberのローガン・ポール氏(22)に苦言を呈した。

 ローガン・ポール氏は、自殺の名所として知られる富士山の北西にある青木ヶ原の樹海で遺体の動画を撮影、YouTubeに投稿して騒動となり、提携を解除された。

 番組では“自殺遺体動画を投稿 1500万人登録人気YouTuberと提携解除”の話題に触れ、デーブ氏は「ツケがまわった。あまりにもくだらない事をずっとやってきで、荒稼ぎしてきた。日本でも森に行く前、悪質ないたずらをいっぱいやった。築地とかで。もうやっとそういう目に遭ったのは結構喜んでる人もいる」と苦言を呈した。さらに「一番がっかりするのは、彼とかこういうYouTubeの動画を見て楽しむ人がいる恐ろしさ。もっと面白いものがいっぱいある。同じYouTubeでも。あれを見るなら猫かワンちゃんを見てた方が笑える。レベルの低さに失望する」と語った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ