アッコ、カヌーの禁止薬物混入事件を起こした鈴木康大に「育成に力を注いで欲しかった」

2018年1月13日12時42分  スポーツ報知
  • 和田アキ子

 歌手の和田アキ子(67)が13日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)に出演し、カヌーの禁止薬物混入事件について語った。

 9日に、カヌーのスプリント日本選手権(17年9月・石川)で鈴木康大(32)=福島県協会=が、小松正治(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入していたことが発覚。鈴木は他にも、小松の現金とパスポートを隠したほか、所属先に中傷する内容のメールを送るなどの嫌がらせ行為を繰り返していた。いずれも認め、小松に手紙で謝罪している。

 和田は「正直に告白してくれてよかった。彼(鈴木)が言わなきゃ協会も分からなかった」と述べた。また、鈴木が2020年東京オリンピックにどうしても出たかったと言っていることについては「スポーツは勝ち負け、自分で(五輪に出られないことは)分かったと思いますよ。そうしたら、育成に力を注ぐとかして欲しかった」と話していた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ