松ちゃん、浜田の「黒塗り」批判に「今後、黒塗りメイク無しでいくのかルールブックが欲しい」

2018年1月14日10時54分  スポーツ報知
  • 松本人志

 14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)では、昨年大みそかに放送された日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」で映画「ビバリーヒルズ・コップ」のエディ・マーフィを真似た「ダウンタウン」浜田雅功(54)の「黒塗りメイク」が物議を醸している一件を取り上げた。

 コメンテーターで出演の松本人志(54)は感想を求められると、「これに関しては、僕は言いたいことがあるんですけど、面倒くさいんで、浜田が悪いということで国外追放で。断らなかったアイツが悪い」と最初はギャグで返した。

 ゲスト出演のニュースキャスター・安藤優子さん(59)は「エディ・マーフィに扮したところまでは良かったけど、それを笑いにした。そのこと自体を笑いにしたことで黒人を笑ったことになってしまった」と番組の姿勢を批判。一方、同じくゲストのタレント・ヒロミ(52)は「僕は全然いいと思う。なんとも思わなかった。浜ちゃんを笑っているわけだけど、こう言われるってことは、そういうものに関して僕らが疎いのかなと、ちょっと思った」とだけ話した。

 安藤さんが「日頃から外国人は肌の色に神経質になっているんで」とさらに話すと、松本は「今回、テーマがアメリカンポリスで、流れとしては全然、唐突じゃないんですけど。エディ・マーフィの演じたアクセル・フォーリーを演じただけで」と反論。さらに「じゃ、黒塗り無しってこと? じゃ、今後、どうするのかな? 僕らはモノマネ・タレントじゃないんで、今後、モノマネは黒塗り無しでいくのかルールブックが欲しい。黒塗りしてやりたい人が出てきたら、どうするのか。ほとんど、芸人は黒塗りメイクしてるんじゃないですか」と話していた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)