まゆゆ、ミュージカル初挑戦で初主演!5月上演スタート「アメリ」

2018年1月23日5時0分  スポーツ報知
  • ミュージカル初挑戦、初主演となる渡辺麻友

 昨年末にAKB48を卒業した女優の渡辺麻友(23)が、今年5~6月に上演されるミュージカル「アメリ」(演出・児玉明子)に主演することが22日、分かった。01年に公開され、日本でも大ヒットした仏映画の舞台版で、渡辺はミュージカル初挑戦、初主演となる。

 大みそかのNHK紅白歌合戦でステージにマイクを置いたばかりのまゆゆが、早くも念願のミュージカルに挑む。「アメリ」は仏モンマルトルを舞台に、空想が大好きなちょっと変わった女の子・アメリの日常と恋をチャーミングに描いたハートフルコメディー。

 仏女優オドレイ・トトゥ(41)主演の映画は、日本でも小規模仏映画では異例の興行収入16億円を突破。主人公の髪形やクリームブリュレをスプーンでたたくしぐさをまねるファンが続出し、社会現象にもなった。昨年4月、米ブロードウェーで映画を基に初ミュージカル化。今年、日本でも上演されることが決まった。

 まゆゆはAKBメンバーの中で群を抜くミュージカル好きとして知られ、多忙の中で海外の劇場にも足を運んでいたほど。昨年3月、ミュージカル界のプリンス・井上芳雄(38)のテレビ番組に出演した際にも「いつかミュージカルに挑戦したい」と話していたが、早くも念願がかなった形だ。

 まゆゆは「目が飛び出るほど驚きました。同時にうれしい気持ち、不安が交互に押し寄せてきては舞い上がったり落ち込んだりしていましたが、選んでいただいたからには今の私に出せる全ての力を注ぎ全身全霊で務めさせていただきたい」と気合たっぷり。演出の児玉氏は「日本の中でこれだけベストなキャスティングはない」と太鼓判を押している。

 公演は5月18~6月3日に東京・天王洲の銀河劇場、6月7~10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)