中村仁美、さまぁ~ず大竹への逆プロポーズ秘話「責任とることしたくない人なので」

2018年1月28日23時10分  スポーツ報知
  • 中村仁美アナ

 フリーアナウンサーの中村仁美(38)が、28日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)に出演し、夫でお笑いコンビ「さまぁ~ず」大竹一樹(50)との結婚秘話を明かした。

 2011年に大竹と結婚した中村アナ。当時交際8年目で、別れを切り出そうと思っていたことを打ち明けた。そんな中、先輩アナウンサーと新しい出会いを願って、縁結びの神社で知られている島根県の神社を訪れ、不思議な感覚に襲われたという。「そこだけ空気が違うんです。ビリビリビリビリみたいな。地球の穴ぼこに落ちたみたいな」と説明した。

 後日、別れを切り出そうとしたが「急に主人の所にスポットライトが当たったみたいな感じになって。『アレ?ここに結婚相手いるじゃん』って」と思ったという。「結婚してもいいと思うわ」と思うようになり逆プロポーズ。「その日に、(式の)日も決めて」と、結婚に向け一気に進んだエピソードを赤裸々に告白した。

 お笑いタレントの東野幸治(50)が「大竹さんは、プロポーズしようって気はまだなかったの?」と問うと、中村アナは「ウチの主人。そういう責任とることしたくない人なので」と、逆プロポーズに至った理由を明かし、笑いを誘った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)